ブログパーツ ブログパーツ
すまいと 建築家ポートフォリオ 建築家自己紹介&住まいの作品集

建築家探しのポイントは、「できれば近いライフスタイルを持つ人をお薦めします。」
『建築家との出会い方』(著・中原洋)より)
芳賀敏夫(1954年生)+小埜勝久(1949年生)
アトリエラビリンス建築環境設計
芳賀敏夫+小埜勝久/アトリエラビリンス建築環境設計
 住所 〒335-0005 埼玉県蕨市錦町4-7-32
 TEL 048-432-9987
 FAX 048-446-7706
 mail  
 homepage    blog

自己紹介 住宅01 住宅02 住宅03 住宅04
住宅05 住宅06 住宅07 住宅08 住宅09
住宅10 住宅11 住宅12 住宅13
住宅14
住宅15 住宅16 住宅17 住宅18 住宅19
住宅20 住宅21 住宅22 リフォーム01 リフォーム02
リフォーム03 リフォーム04 リフォーム05    

 
蕨のコンパクトハウス/Saさんの家
回遊性のあるバリーフリー住宅

西側外観、左端には雨水貯水タンクがある
1階リビング・ダイニング、正面は書斎コーナー、その脇にスロープからの出入りのための土間がある
[ 西側外観、左端には雨水貯水タンクがある ]
 
[ 1階リビング・ダイニング、正面は書斎コーナー、その脇にスロープからの出入りのための土間がある ]

1階リビング・ダイニング、書斎コーナー側からキッチン側を見る
2階の2室を建具をはずしてワンルーム化したシーン)
[ 1階リビング・ダイニング、書斎コーナー側からキッチン側を見る ]
 
[ 2階の2室を建具をはずしてワンルーム化したシーン)]
東南の角地の敷地35.7坪に建つ、機能を集約的に集めた極めてシンプルでコンパクトな家です。
バリアフリーを見据えて、南面開口部から出入りするためのスロープを設えてあります。
基本的には、夫婦2人が1階ですべての生活をスムーズに行えるように、開放的な空間を用意し、1階の中で回遊できるふたつの動線を取り入れています。 ひとつはキッチン→リビング・ダイニング→WC→洗面脱衣室→キッチン。もうひとつはキッチン→納戸→畳スペース→リビング・ダイニング→キッチン。この回遊動線は将来的に介護が発生した時に必要なフレキシビリティーにも対応しています。
2階には、必要ならば建具を取り払ってワンルームにできる2部屋を設けていて、今後の家族構成の変化及び来客にも対応できるプランとなっています。  埼玉県産材の家です。ただし床のカラマツのむく板は岩手県産です。インテリアの素材は、撥水加工の和紙、ケイソウ漆喰、杉のむく板、カラマツのむく板といった自然素材です。外部も杉板、左官仕上げと手仕事が現れる仕上げとなっています。
DATA
◇地域 埼玉県蕨市 ◇敷地面積 117.90平米(35.67坪)
◇完成年 2007年 ◇建築面積 63.75平米( 19.28坪)
◇設計 芳賀敏夫/アトリエラビリンス建築環境設計 ◇延床面積 108.02平米( 32.6坪)
◇施工 榊住建株式会社 ◇建蔽率 60%
◇構造 木造 ◇容積率 200%
◇規模 地上2階 ◇撮影 大竹静市郎

 前の作品

© 2000-2017 ERI SOLUTION CO.,LTD.